一人暮らし

一人暮らし情報

お一人様のインテリア&寝具

  1. 一人暮らし情報※TOP

多様化する「一人暮らし」


一人暮らし

現代では、ライフスタイルの多様化に伴って、「一人暮らし」が増加。性別・年齢問わずに一人暮らしの 割合が増えています。

●学生
●単身赴任者
●未婚の男性・女性
●離婚を経験した男性・女性
●高齢者の一人暮らし

同じ一人暮らしといっても、「生活環境」「ライフスタイル」「価値観」は、それぞれ異なっています。

お一人様のライフスタイルも多様性を増しているようです。

目次

「一人暮らし」に必要なものとは!?お一人様の知恵・知識


一人暮らしのための知恵

お一人様のライフスタイル・価値観は人それぞれであったとしても、「心地よく生活したい」という 気持ちは、誰もが共通して有しているものですよね。

一人暮らしの特徴を一言で表すと。

●居室内での日常生活にて、手助けしてくれる人が居ないこと。

これに尽きるのではないでしょうか。

心地よく生活していくためには、この「手助けしてくれる人が居ない」という課題をどのようにクリアーしていくか に集約されるのではないかと思っています。

当サイトでは、「居住空間」にて、人の手助けが無いことをデメリットとしないための知恵・知識をご紹介したいと 思います。

一人暮らしの「部屋と寝具」!効率的な部屋の使い方


部屋の使い方と寝具配置

快適な”一人暮らし”をする上で重視したいのが効率的な部屋の使い方ですよね。

中でも「寝具(ベッド、マットレス)」はお部屋を占有する割合が大きく、最も効率的な使い方を すべき要素となります。

●ベッドを使用するのかしないのか?
●毎日"布団・マットレス"を押し入れに収納するのかしないのか?
●マットレスのサイズと配置をどうするか?

など、案外検証すべき要素は多いもの。

そんな"一人暮らしの部屋と寝具"に関する知恵情報をご紹介いたします。

一人暮らしの「インテリア」!心地よいインテリア


心地よいインテリア

一人暮らしをしていると、ついつい部屋のインテリアに無頓着となりがちなんですよね。

同居人がいれば、自分勝手な部屋の使い方をするわけにもいかないので、一定の環境を保ちやすいのですが。

一人暮らしの場合は、どんどんお部屋が乱れることに。

そうならないためには、少しオリジナリティーのあるインテリア計画を実践してみることを おすすめいたします。

近年、部屋に家具を全く置かない「ミニマリスト」といったライフスタイルが話題となったことがありますが、 それもオリジナリティーのあるインテリア計画のひとつです。

何かテーマを設定して「○○風インテリア」とするのもいいですし、部屋の"素材感"をと統一したり、"色彩"を統一して みたり・・部屋の広さに関係なく、インテリア計画は行えるものです。

そんな自分の"個性"を表現したお部屋は、案外、心地よいインテリア環境を維持していきやすいもの。

ここでは、そんな一人暮らしのためのインテリア情報をご紹介したいと思います。































関連情報